2022年3月11日に

東日本大震災から
11年の祈念の日をむかえました。

本当に、多くの方々にお援けを賜りました。

父の郷里の町で
原子力発電所事故が起こり、
いなかの家は、事故から10年を経た頃
更地になってしまいました。

航空写真では、無くなっていますが、
2013年夏撮影のストリートビューには、
まだ、住む人を失ってはいても、
かつてのたたずまいで
家と周辺のようすがのこっています。

2018年秋、
帰還困難区域にありましたこの家に
高田賢三様がおいでくださいました。

チャリティー同人誌や、
「ふくしまへ」の絵のお贈り、
昭和漫画館青虫様まんが教室、日本漫画家協会事業、そして
起き上がりこぼしプロジェクト等々
お祈りともに、本当に多くの皆様にお援けを賜り、
ご一緒申し上げましたことが、
心の灯であり、支えでありました。

本当にどうもありがとう御座います。

ここよりまた、
感謝とともに歩んで参ります。

災害を経た地が、人が、
立ち直ってゆけますように。

旅立たれた方々が安らかで在られますように。

どうか一刻も早く
ウクライナに、世界に、
平和がとりもどされますように。
破壊と殺戮が止みますように。

疫禍も未だ続きます中、
どうか日々ご安全に、
お健やかに、
今後ともよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。